22
9月

財産分与の対象になる財産は、夫婦が婚姻中に協力して築いた共有の財産です。主なものは次のようなものです。

預貯金
婚姻してから夫婦の協力のもとで貯めた預貯金。
貯蓄型の生命保険も含まれる。

不動産
婚姻後に夫婦で協力して取得した、土地、建物などの不動産。

リゾート施設やゴルフの会員権、株券、国債、社債などの有価証券
夫名義の場合が多いですが、これらも離婚の際に清算されることになります。

その他に、家電製品などは評価価値によっては対象となることがあります。

Comments are closed.