22
9月

慰謝料は、浮気などの不貞行為によって精神的苦痛を受けた場合、その苦痛に対して慰謝するためのお金で、離婚原因を作ったほうが支払う金銭的賠償です。
一方が慰謝料を請求しても、調停や裁判で「非は、互いに五分五分」と判断された場合や、離婚原因が「性格の不一致」の場合は慰謝料の請求はできません。なお、離婚後でも慰謝料は請求できますが、3年過ぎると時効で請求権は消滅します。

Comments are closed.