22
9月

慰謝料は、精神的あるいは肉体的、苦痛に対する賠償ですので、金銭の算定は簡単にはできません。また、相手にどのくらいの支払い能力があるかによっても変わってきます。そこで、一応の目安として次のような事情を考慮して決められます。

慰謝料決定に関わる事情
離婚原因に関する事情・・・浮気、暴力、家庭放棄、精神的疲労、ケガ、などの程度
慰謝料を請求する人の生活力・・・年収、職業、収入、資産、再婚の可能性、など
慰謝料を支払う人の経済力・・・職業、収入、資産、配偶者に対する贈与、など
請求者・支払う側に関すること・・・婚姻の経緯、婚姻期間、別居期間、子どもの人数・年齢、親権者、監護者、など

Comments are closed.