22
9月

面接交渉権とは、離婚後に、一緒に暮らしていないほうの親が、定期的に子どもと面会して一緒に過ごすなど、子どもと触れ合うことができる権利です。原則的として離婚前に夫婦が話し合って決めておきます。具体的には、会える頻度や回数、子どもの受け渡し方法などを決めておくとよいでしょう。

しかし、一方が「子どもに会わせたくない」などと主張して話し合いが進まない場合は、家庭裁判所に面接交渉の調停の申し立てを行い、決めてもらうこともできます。面接交渉権は親権のように法律で決められた権利ではありませんが、子どもの監護に関する処分に含まれるとして、申し立てを認めています。
また、面接交渉権が認められなかったのに強引に子どもに会ったり、取り決めた内容を著しく違反した場合、家庭裁判所に、面接交渉権の制限を申し立てることができます。

Comments are closed.