22
9月

親権も面接交渉権も決まって離婚したのちに、面接交渉権の取り決めを無視して、「会っているうちに返したくなくなった」と、そのまま子どもを返さないことがあります。また、一方の親が子どもを強引に連れ去り、返さないこともあります。
子どもを返すように交渉しても、相手が応じない場合、家庭裁判所に子どもの引渡しを求める調停を申し立てることができます。調停でも話し合いがつかない場合、次は審判となります。審判で「子どもを引き渡せ」と命じられると、その日のうちに子どもを連れて帰ることができます。
なお、審判の間、子どもをどちらが引き取るのか問題になる場合は「審判前の保全処分」を申し立て、その間どちらが引き取っておくのか決めることになります。

Comments are closed.