養育費とは、教育費、医療費、食費、被服費、娯楽費、保険料など、子どもを育てていくために必要なすべての費用をいいます。
養育費は、「母親が父親に請求するもの」というのが通念のようですが、必ずしもそうとは限らず、子どもと一緒に暮らし監護・養育しているほうの親が、一緒に暮らしていない方の親に請求するものです。

養育費の金額については、基本的には、夫婦で話し合いこれから子どもにかかると予想される金額を出し、折り合いのついたところで決めるのが理想です。しかし、この算出は意外と難しく、なかなか話し合いがまとまらないこともあります。このような場合は家庭裁判所に「養育費請求の調停」を申し立てれば、子どもの人数、夫婦それぞれの収入、これから子どもにかかると予想される金額を考慮して、妥当な金額を算出してもらうことができます。

しかし、現実には、支払いが途絶えるなど、養育費が支払われないことも少なくありません。このような場合、法的に確保する方法もありますが、比較的養育費の支払いが遂行されるケースでは、支払う側の親が定期的に面接交渉を行っていることが多いようです。面接交渉の遂行も、養育費を支払う後押しになるかもしれません。

Comments are closed.