婚約をしていて、当然結婚すると思っていたのに、一方が理由もなく婚約解消をしてきた、あるいは別の交際相手ができて結婚できなくなったなどの場合、婚約不履行となり、痛手を受けたほうは、その精神的苦痛に対して慰謝料を請求することができます。
これは事実婚でも同様で、別の交際相手ができたことによる関係解消は不貞行為とみなされ、慰謝料請求があれば支払う必要があります。財産分与についても、同居中に二人で築いた財産は、解消とともに清算、分与しなければなりません。

Comments are closed.