離婚相談zoo > 調停を【申し立て】たから、そのつもりで

相談内容:
ある日妻と大喧嘩になってしまい、そのまま妻は家を出て行きました。それから二週間後、自宅に家庭裁判所から「夫婦関係調整事件」と書かれた書類が届き、妻からも「調停を申し立てたから、そのつもりで」と携帯電話に挑戦的なメールが届きました。
夫婦間での話は何もしていないのに、突然調停なんて納得できません。

対応策:
「ああ、そう」

相手が話し合いの場を持つことなく調停を申し立てたのは非常識です。しかし、協議の場が朝廷に移ってしまった以上、不満を言っても仕方ありません。
この時点で大事なことは、事前に「申立書」をチェックすることです。申立書とは、相手が家庭裁判所に提出した書類のことで、申し立ての原因や経緯、あなたに請求する内容が書かれています。それを事前に確認すれば、対処の方法を考えることができます。

申立書は家庭裁判所で閲覧できますが、それには裁判所の許可が必要です。相手は閲覧ができないように申し出ることも可能で、調停を申し立てたことにあなたが厳しい言葉で返せば、実際にその措置を取るかもしれません。そうさせないように、やんわりと受け入れ、申立書を閲覧して現実的な対処法を考えましょう。

, , , ,
離婚相談zooコンテンツ一覧