離婚相談zoo > 【預金】はこれだけしかない

相談内容:
私は専業主婦で夫は会社員、子供はいません。離婚が決まりましたが、唯一の財産である預金についてはどうするのか未定です。金額は200万円で、私が管理しているため夫は残高を知りません。できるだけ多く自分の分として持っていきたいと考えています。
預金額を夫にごまかして報告しようかと迷っています。

対応策:
「預金は50万円しかありません」

離婚の現場では、全てを正直に話す必要はありません(もちろん、「ついてよい嘘」と「ついてはいけない嘘」はあります)。

預金の額を正直に話すと、全てを相手に持っていかれるかもしれません。
預金口座の名義があなたになっているのなら、実際の金額より低めに相手に伝え、自分の必要な分を確保できます。口座の残高はたとえ夫婦でも教えないのが銀行の義務だからです。
あなたが拒否すれば、相手に本当の預金残高を知られることはありません。

また、嘘をつかなくても自分の必要額を確保する手が一つあります。それは、必要だと思う金額の2割から3割高めの取り分を提示することです。そこから交渉の過程で引き下げていけば、相手は「得した」と思い、結果的にあなたの望む額で了解することになるのです。

, , ,
離婚相談zooコンテンツ一覧