離婚相談zoo > 【嫁入り道具】の代わりとして父親から現金をもらいました

相談内容:
嫁入り道具の代わりとして父親から300万円もらいましたが、道具などは買わず旅行に行ったりして二人で使ってしまいました。そのお金がなくなったころ、夫に「離婚してくれ」と言われたのです。離婚となると、父にもらったお金を多少なりとも返さないと心苦しいので、夫に返すよう要求しました。
すると「返さない」と言われてしまい、困っています。

対応策:
「じゃあ、離婚しないから」

お金目当てで結婚する人は、現実に存在します。そして「金の切れ目が縁の切れ目」とばかりに、簡単に離婚を口にするケースが少なくありません。
そんな相手は「返さない」と覚悟を決めていますから、お金を返してくるのはあまり期待できません。

しかし、そんな相手も「離婚しない」という言葉には動揺します。お金が目的だったと思われて離婚も簡単に了解してくれるだろうと踏んでいるからで、そこにその言葉は予想外なのです。
相手は離婚を決めていて早くそれを成立させたいので、そのためには多少とも返して解決を図るでしょう。

全額というと難しくなりますが、少しでも戻ってくるのであれば、ゼロよりはよいと考えましょう。

, ,
離婚相談zooコンテンツ一覧